電話占いをうまく活用するポイントを紹介します!

1人では抱えきれない悩み事や誰にも話せない相談事がある方はいませんか?
そのような際に役立つのが「占い」です。

店舗に出向くのも良いですし、電話占いランキングなどで紹介されているサイトなど、自分に合った方法で相談してみてください。
結果やアドバイスを受けることができますが、やはりそれを「上手に活かす」ことが大切です。

ここでは、そんな上手に活かすためのポイントをご紹介していきます。

電話占いのポイント①素直な気持ちが素敵な未来を作る

電話占いのポイント①素直な気持ちが素敵な未来を作る
素直でいること」はとても難しいことでもあります。
しかし、これが最大のポイントといっても過言ではない活かすための方法です。

占い師に相談をする際、鑑定に必要な事や相談内容について話をすることとなります。
その際、恥ずかしい気持ちや偽りの言葉を伝えてしまうと、適切な鑑定やアドバイスができなくなってしまうのです。

プロである占い師には何でも話そう

個人情報の漏洩の心配もありません。
占い師と相談者以外に内容が知られる心配もないのです。
ですから、心にある悩み事を素直に伝えてください。

「うまくまとめられる自信がない」という方もいるでしょう。
占い師は「プロ」ですから、いくつか質問をしながら進めてくれます。

大切なことをメモ書きしておくと良い

これだけは鑑定して欲しい」「描く希望がある」という場合は、その内容をまとめておきましょう。
実際に鑑定がスタートしても緊張したりウッカリして伝え忘れることを防いでくれます。

これと併せて、相性鑑定などは「相手の生年月日や出生地」が必要になる場合があります。
希望に沿って必要な情報をまとめておくとオススメです。

もし、分からない場合にはそれでも構いませんが、占術によっては精度が落ちる可能性もあります。

素直に耳を傾けること

鑑定やアドバイスを素直に受け入れましょう。
時として、想像していたものと異なる結果が出てしまうかもしれません。
しかし、決してネガティブにとらえないでください。

占い師は「そこから解決に繋がる方法やアドバイス」を示してくれます。
この部分に耳をしっかりと傾けることが大切です。

アドバイスも聞いた当初は「自分に出来ない事」と感じることもあるでしょう。
そんな時は「とりあえずやってみよう」という心を持つのがオススメです。

このことで、心そのものも前向きになり、より良い未来への道づくりに繋がっていきます。

素直に伝え素直に受け入れる。
この姿勢が、相談者にとっての「追い風」「後押し」になるのです。

電話占いのポイント②深く考えすぎないことも大切

電話占いのポイント②深く考えすぎないことも大切
鑑定結果やアドバイスを真摯に受け止め、じっくりと考えることも決して悪いことではありません。

その繊細さが、明るい未来に繋がることもあります。
しかし、深く考えすぎない事もまた大切なのです。

不安感がある方へ

「自分に出来るかな」「本当にそうなのかな」と不安になることもあるものです。
初めて聞く鑑定とアドバイスですから、当然のことともいえます。

しかしそれ以上、深く考えないようにしてください。
考え過ぎてしまうとネガティブ思考に陥ってしまいます。

その結果、せっかくの鑑定やアドバイス効果が薄れてしまうかもしれません。

ネガティブな気持ちが悩みを生む原因にもなる

真面目で完璧を目指す方に多いのがこの傾向です。
「しっかりと無ければ」という気持ちが強すぎるからこそ、ネガティブになってしまいます。

真面目に道を歩くことは大切ですが、時には「ケセラセラ」の気持ちを持つようにしてください。
自分自身に完璧を求めすぎないように意識をすると、徐々にそのハードルを低くし自分にも優しくなれるのです。

その結果、悩みの解決への近道となります。

占い師がくれる前向きな言葉を心に留める

占い師は相談者が幸せになるように背中を押してくれます。
ですから、より不幸な気持ちにさせたり不安をあおるようなことは決してしません。

アドバイスを聞いていると、その中には前向きになれるヒントやアドバイスが必ずあるはずです。
この点をしっかりと心に留めてみてください。

もし、日常生活の中で忘れてしまいそうであればアドバイスをメモに残すのがオススメです。
サイトや占い師が許可をしているのであれば、六億をしておくのも良い方法。

アドバイスを実践していく中で、心くじけそうになったらぜひ、占い師の言葉を思い出してみてください。
きっと、心がふと軽くなることでしょう。

電話占いのポイント③今と向き合う気持ちを忘れずに

電話占いのポイント③今と向き合う気持ちを忘れずに
悩み事や苦しいことがあると、どうしても逃げたくなってしまいます。
しかし、そこから逃げず「今と向き合う気持ち」を忘れないようにしてください。

現実をまずは受け止めて、そこから「どうやって幸せになろうか」と考えることがより良い未来を作ってくれるのです。

折り合いをつけること

どのような悩み事にも「原因」があるものです。
その原因は、鑑定から発見できます。

原因を認識するばかりではなく、折り合いをつけてみてください。
例えば、相談者が感情的になりやすい性質を持っているのであれば「感情とどのように向き合い折り合いをつけていくのか」を考えてみましょう。

そうすることで、現状もそしてこれからの未来も輝かしいものになるものです。

今を知って未来を作る

辛い今を知ること・受け止めることは苦しく感じます。
しかし、今を知ることこそ鑑定を活かし悩みを解決することに繋がっていくのです。

この時、「周りのせいにし過ぎない」のもポイントの1つ。
「自分は悪くない」「周りが〇〇だから」と思ってしまうのが人の心理。
しかし、まず自分はどうなのだろうかと考えてみてください。

自分を知ることはとても難しいことでもありますが、占い師が鑑定から導き示してくれます。
それを参考にして、自身を認識してみましょう。

すべてを鑑定のせいにしないこと

鑑定を受けると、どうしても結果を中心に考えてしまいがちです。
鑑定がそうだったのだから」と思いすぎてしまうと、自分自身を見失ってしまうかもしれません。

全てを鑑定のせいにせず、地に足を付けて日々を過ごしてみてください。
その中で、占い師から示されたアドバイスを実践していきましょう。

また、全てを鑑定にゆだねてしまうことは「依存」の第一歩でもあります。
占い師の存在失くしては何もできない自分に陥ってしまう可能性もあるのです。

それは非常に危険ともいえること。
くれぐれも、現状把握をを忘れないようにしてください。

焦ることなく進んでいく気持ち

焦ることなく進んでいく気持ち
結果やアドバイスを聞くと、今すぐにでも状況が変わるような気持ちになるものです。
前向きになるのは悪いことではありませんし、良いことでもあります。

しかし、先を急ぎ過ぎないようにしてください。

人のバイオリズムは短期間で大きな変化が生まれることはありません。
着実に一歩一歩を進む気持ちで過ごすことが大切です。

適切な間隔で取り入れていく

不安が強いと、短期間で鑑定依頼をしたくなります。
しかし、短期間で鑑定結果に差は生まれません。

ライフイベントが発生したタイミングや、数か月の時間を空けて依頼をしてください。
適切な間隔で取り入れることが、思いつめずに上手に鑑定やアドバイスを活かすコツでもあるのです。

このページを書いた人
保崎 千佳

ライター名:保崎 千佳

私は悩みや問題解決に興味を持ち、心理学や占いに関心を抱くようになりました。電話占いサイトの運営を選んだのは、多くの人々に手軽なアクセスを提供したいからです。占いは希望やサポートを与え、時間や場所に縛られず利用できます。信頼とプライバシーの保護に努め、安心して相談できる環境を提供します。